職場の隣には、庶民的な天然温泉の施設があって、
休みの前の日にはいつも、ひと風呂浴びて帰ります。

今日の温泉の帰り道、ふと見上げるといつの間にか桜が咲き始めていて、
晴れ晴れとした気分になりました🌸

働き始めて、もう少しで3ヶ月。
特養の仕事にも、何とか慣れてきました。

おむつ交換や移乗で身体が触れると、
「手がすごく温かい」「とっても気持ちいい!」と喜んでいただけています。

談話コーナーなど、車椅子の利用者さんが数人集まっているところを通りかかると、
「わー、温かい!触らせて!」と周りから何本もの手が伸びてきたりして、
なんだか花道を歩くお相撲さんになった気分です😅

人間って本当に、「温かい」ものが好きなんですね。

特に、加齢などで代謝が落ちると、
自分自身で熱を作りだす力が弱くなってくる。

さらに車椅子の生活だと、下半身の筋肉があまり使われないので、
より自分で熱を作り出しにくい状態になってしまう。
(多くの方の足が氷のように冷たい感触になっていて、驚くほどです)

そのような状態の方にとっては、
「人肌の温かさ」が、
この上なく気持ちよく感じられるのでしょう。

身体が温かいだけでこんなに喜んでもらえるんだったら、
さらに日々精進して、この状態を維持していこうと思います✨
自分自身の快適さにも直結しますしね。

仕事の後、何もしないで放っておくと
筋肉痛やら何やらで身体中がギシギシした不快な状態になってしまうので、
メンテナンスのため、帰宅後と出勤前、
家で必ず簡単なエクササイズをしています。

  • 足指、足首、股関節回し→
  • 四つん這いにいなって背中を動かし→
  • 腸腰筋を伸ばし→
  • 足腰の屈伸運動→
  • 立ち上がってバランスボード上で腕を動かしながら脇などもストレッチ→
  • 杖のポーズからのスクワット、etc.


初めは足指、足首、股関節回しだけだったのが、
続けているうちに、
気持ちよさに導かれて、どんどん付け加わってしまいました。
でも、数回ずつ流れるようにやって行くから、
全部やっても10分かからないくらい。


タイ式ヨガとか、機能解剖学とか、その他諸々の
今まで習ってきたあらゆるボディワークの要素が渾然一体となった
セルフ整体・温かい手MIX♪
無理しない範囲で、しっかりと身体を感じながら「関節」をゆるゆると動かすのは、
とっても気持ちいいんですよ。

やるとやらないとでは、毎日の身体の「楽さ加減」が大違いなんです。
続けていると、ホント実感できます。
(なので、飽きっぽい私でも自発的に続いている、とも言えます😊)

ずっと動き続けているような、介護ワーク…
もう50代、「ヘタらないで翌日もちゃんと仕事に行けるように!」との
現実的な思いで何とは無しに始めた習慣でしたが、

続けてきたら、一時的に楽になるだけではなく、
少しずつ身体がより開いてきたような、
確かな変化を感じられるようになってきています。
「可動域」がどんどん大きくなってきているというか。

「疲れ直し」だけじゃなく、
ひょっとして「若返り」始めたような、
もっと前向きな気分の、うれしい感覚です✨

大事に休ませておくだけではなく、
メンテナンスしてしっかり使ってあげることで、
身体は確実に蘇ってくれる。
幾つになっても。

そんな頼もしさをあらためて自分の身体に感じられて、
ワクワクしている桜の季節です🌸