今朝、ヘナする(白髪を染める)ために、「汚れてもいい」ひもブラをつけてみたら、

いきなり初心に還った気がしました。

ひもブラが形になった初めの頃、使い古しのバンダナで試作したものです。

 

ヨレヨレのハンカチ(バンダナ)にあり合わせのひもを結んだだけで、

今、作っているものと比べたら本当にカジュアルな代物なんですが、

それでも、身につけると同じような「力」を発揮している感じ。

「原型」っていうのかな… そんなことに、改めて感動しました。

 

「胸が耕される感じ」とでも言いましょうか、

ひもブラが作る「空間」の中に、胸部全体が立体的に包まれると、

今までビクともしなかった、錆びついて硬く閉じていた水門が自然に開かれて、

乾ききって硬くなっていた荒野へ水が流れ込み、

だんだん潤されて、ふわっとした柔らかさを取り戻していくような感覚。

 

つけ始めてから数日間、手足の先がじんじん痺れるような感覚がしていたのですが

(どうかなったのかと不安になるくらい💦)、

あれは、血流の乏しかったところに勢いよく流れ込んできた血が、

「巡る」感じだったんだと思います。

そして、胸が、さらにその周辺の部分が、巡る血液に満たされて、

だんだん「ふわっと」してきました。(あくまでも個人の経験・感覚ですが)

 

特に不便を感じないで日常を送れていれば、

「自分のこんなところがカチカチに固まっている」なんて、気づかずに過ごしてしまうのが普通なのでしょうけれど、

実際に潤ってみて初めて、「ああ、ここがこんなに制限されていたんだなあ」って、気づく。

 

 

ひもブラをつけ始めたある日、

左胸の感覚が「あれ?ある」って突然思えたことがあって、

10年前に、乳がんの生検で胸を切ったことを思い出しました。

(上の写真は、その頃書いたブログです。クリックするとブログに飛べます。)

 

子供の頃からずっと病気知らずだったから、

身体を「切るよ」と宣告されたことは、かなりのショックでした。

しかも、胸。

 

それまでは、がむしゃらに、若さと体力に任せて

勢いで、やりたいと思ったことをがむしゃらに、

「頑張って」やってきた感じだったけれど、

そこで突然、一つのストップがかけられたというか。

 

今思えば、私がメインにしている施術方法(手当て、ハンズオンプロセス)に目を向けるきっかけになった出来事でしたが、

突然受けたショックの大きさに心が引き裂かれそうになって、

無意識に自分の「胸」…奥深くの大切なもの、ハート…を過度に守ろうとする意識も、

その時、生まれていたのかもしれません。

 

そんなことから10年間、「フリーズ」していた感覚が、「開いた」。

必要なだけの血液が供給される状態になると、

本当に、感覚…身体って、活き活きと蘇ってくるんだな!!

そして心… ある部分の感情も!?

 

偶然作ったひもブラをつけた時、

そんなことを実感できて、とてもとても嬉しかったのです。

そして、いろんな「色」が、私の中に入ってきました。

 

見えていたのに、受け取れていなかったことが

たくさんあったんだなあ!って、不思議がりながら、

なんだか今までより、何をするでもないのに、

とても楽しい気分で過ごせるようになってきたのです。

 

これは、個人的な体験の範囲のことですが、

色々な個別な条件のもと、個体差はあれども、

人間にとって基本的な「身体の自然」は、共通するものがあると思うんですよね。

 

「胸が開くって、どんな感じかな?」って興味を持っていただける方がいらしたら、

この「ひもブラ」は、そういうことを体感したり、意識し始めたりする

一つのきっかけになり得るものなのでは、と思うのです。

 

感じ方には個人差はあると思いますが、

今製作しているバージョンではふんわりと肌触りのいい国産ダブルガーゼ を使っていますし、

「締め付けなくてつけ心地がいい」のは確かですよ😊

 

「楽なひもブラ」、いつでもこちらのショップでご覧いただけます🌿