11月も後半になりましたが、相変わらず裸足で過ごせています。

イスの上で正座しながらPC作業していたので、跡がついていて恥ずかしい💦

 

秋めいてきた頃、「今年はできるところまで裸足で過ごしてみよう!」と思いつき、

個人的に「裸足チャレンジ」と称して続行中なのですが、

結構大丈夫なものですね✨

今まで「当たり前」だったことが、色々ひっくり返りそうな予感。

 

足ヒモして裸足で毎日過ごしているうちに、

今までと「温度(体温、気温)」の感じ方…

「暑い」とか「寒い」とかいうことへの

自分の中の「捉え方」自体が大転換してきているような気がしています。

 

一般的な考え方→「靴下とか履いて、足先を覆わないのは寒い」

というのは、実は大きな思い込みだったのかもしれません(~_~;)

 

私の場合、「薄ら寒く」感じてきた時は、

靴下を履くより上半身をしっかり衣類で覆った方が、ホッとできるようです。

 

ある時ふと、足首や足の甲、足指の上だけ、など、

足部を部分的に覆ってみて「寒さの感じ方」を実験してみたのですが、

「暖かいかも?」と感じるのは覆われた瞬間だけで、

次第に冷えてくる感じ(ハッピーじゃない感じ)がしました。

 

足指の先まで、滞りなく血が通っている(いわゆる「ゴースト血管状態」ではない)

ということが大前提ですが、

 

センサーがたくさんある足部は、下手に覆い過ぎない方が、

むしろ自律的に体温調節機能が働けて、身体にとっては快適なのかもしれません。

 

動物も、接地する「肉球」は毛で覆われてはいませんものね。

 

本来の身体の感じ方って、こういうことなのかもしれないな… なんて

思い始めている今日この頃です。