身体と心に感じる変化ー胸が開くと、いろいろ変わる!?(リラックス&グラウンディング)

ここ1ヶ月半くらいの間に撮った写真です。

 

1枚め(7月5日)と最後(8月19日)を見比べると、

明らかにいちばん最近の写真の方が、リラックスしているなーと思います。

 

1枚目の時はリュックを背負っていたということもありますが、

肩がちょっとすくんで、前に入っていて、重心も上の方にある感じ。

 

いちばん最後のは、1枚目と比べると、胸が開いて、肩が落ちて、

重心も下半身の方にある感じ。

ゆったりと、「大地に立っております!」的な😊

 

これらの自分の姿を眺めて、何よりも今までと違うように思えるのは、

「表情」です。

 

今、こんなに屈託なくカメラに笑顔を向けられてる、っていうことが、

すごく新鮮で、本当に嬉しいです。

 

今までは、写真を撮られるのは苦手でした。

 

思い切り笑ったつもりなのに、あとで見てみると全然そうでなかったり、

機嫌が別に悪いわけではないのに、

むすっとした、疲れたような顔で写っていることが多かったから。

 

いろんなことを内側では感じているのに、

表情にうまく出てなかった感じ。

感情の部分と表情筋のリンクが、どこかでうまく繋がっていなかったんでしょうね。

 

でも、自分ではどうしようもなかったんです。

「本当の自分は、こうじゃないのに…」って、いつも悲しく思っていました。

 

気になっていたから、顔ヨガっぽいことを時々してみたり、

顔の筋肉をマッサージや指圧してみたりしたけど、

なんとなく、根本的な解決には繋がらないような気がしていました。

 

でも、ひもブラをつけ始めて、不思議なことに、

突然、「自撮り」が平気になった。

そして、写真を撮ってもらうのも平気になったし、

 

写っている自分がどんな表情だったとしても大丈夫で、

いつの間にか、どんな自分を見ても、

「好き!」って思えるようになっている。

 

一生懸命顔のエクササイズをしたり、どこかを揉んだり押したりしたわけでもないのに、

自然に口角が上がってきました。

目も開いてきたし、

鼻も詰まらなくなった。

そして、自然に表情が豊かになってきた感じ。

 

たぶん、胸部をひもブラで包まれ、さりげなくサポートされることがきっかけで、

取ろうにも取れなかった「無意識の緊張感」のようなものがゆるみ、

 

胸の、固く閉じていた部分が開いてきて、

本来の動きを制限されていた腕、脇、背中、首、そして頭、顔も

解放されてきた、と言えるのではないでしょうか。

 

胸が開くと、背骨の動きもより自由になり、

下半身の安定感も増したような気がしています。

 

全身は、繋がっている😆

 

特別な運動もせず、マッサージなども受けず、

ひもブラやふんどしを下着としてつけて

普通に生活していただけですが、

なんか、腹筋も少し割れてきた?ような気がする。

 

「胸が開く」っていろいろスゴイです✨

 

たぶんひもブラは、「なかなか胸や背中が緩まない」ような方の

大きな力になりそうな気がしています!!

 

★セッションを受けていただくと、もれなく

ひもブラ(男性には、ダブルタスキ用手編みヒモ)をプレゼント。

セルフケアのサポートとして、ご活用ください✨