三年間愛用したシングルサイズのヘンプのシーツから、これだけのものができました!

  • 枕カバー 2枚
  • ひもブラ 1枚
  • ふんどし 2枚
  • クッションカバー 1枚
  • 布ナプキン(ハンカチタイプ) 2枚

 

★枕カバーは、穴が開いたところへの継ぎ当て部分を、後ろ側に残して。

シーツだった「第一形態」の時の名残り🌿

 

★ひもブラは、シャリッとサラッとした生地が肌に心地よくて、

外出時にもつけたい気分になる一枚ができました✨

ヒモは、やっぱりシンプルな丸ヒモが一番落ち着くみたい。

 

 

★ふんどしは、二枚できました。

一枚めは、いつも手ぬぐいで気軽に作る時のように

持っているひもを使ったり、布の端の処理を省いてみたのですが、

 

やっぱり「しっかり」した布地だと、なんとなく、

手を入れたくなってくるものなのでしょうか?

2枚めは、端を全部三つ折り縫いにして、ひもまで共布で作ってしまいました。

 

こっちの方が、なんとなく毎日「使いたくなる」感じがしたので、

簡易バージョンの方も、そのうち共布ひも仕様にしてみようと思っています😊

 

★簡易的な、クッションカバー。

「もう一枚ひもブラを作ろうかな」と思ったのですが、

残った布からひもブラを作るには、微妙に大きさが足らず…

 

「椅子用クッションのカバーにしよう!💡」と思いつきました。

長く座っていると、いつもお尻が熱くなってストレスを感じていたのです。

ヘンプがここに一枚かかっていたら、少しは違うかな?と。

 

端を三つ折り縫いして、ひもで結びあわせるようにしました。

ひもブラで編みひも実験をした際に伸びてしまった

ヘンプのTシャツヤーンを再利用。

なんか、地味に満足😊

 

★最後に残ったハギレは、端を三つ折り縫いして、

ハンカチタイプの布ナプキンにしました。

 

ホルダーに載せて使うハンカチタイプは、

いろんな形にできるので、とっても重宝します。

ヘンプは蒸れないし、肌触りもいいので、

2枚もできてうれしい✨

 

…と、一枚のシーツから、こんなにいろんなものができるとは😆

やりきった感✨

 

一枚の布。 一つの形を終えても、

「違う形で生かそう」という「意志」さえあれば、いくらでも変容していける。

 

「いろんなものと、こんな風に丁寧につきあっていけたらいいな!」と思いました😊🌿