酷暑の午後に、実験的昼寝

 

今日はあまりにも暑すぎたので、

ベランダを布で覆ってみました。

 

直射日光が避けられるだけでも、なんとなくホッとできる…

楽になる気がします。

 

なんか、「砂漠の民」になった気分でうれしい🐫✨

(まだ行ったことはないけど、モロッコが大好き。

きっと、ベルベル人だった過去生があるんじゃないかと思うくらい😊)

 

もはやアフリカ並みの気温になっているんだから、

「砂漠の民」の過ごし方を取り入れてみるのも

理にかなっているかもしれない、なんて思いながら、

 

布の醸し出すエキゾチックな雰囲気に気を良くして、

この暑い中、無謀にも

エアコンのない、二階の自室で過ごしてみようと思い立ちました。

目的は、読書&昼寝です。

 

 

ベッドの上に手持ちのヘンプの布で「天蓋」を作り(調湿効果)、

扇風機を回し、

ひもブラとふんどしをつけ、

ヘンプのTシャツを着て、

ヘンプのタイパンツを履き、

頭と足首、手首にヒモを巻き、

両脇に保冷剤をはさみ、

首に汗拭き手ぬぐいをかけ、

岩盤浴並みに汗をかくことを想定して大判タオルを敷き、

モロッコ音楽を鳴らし、

 

…体温調節に役立ちそうな、

思いつくかぎりのことを総動員して、スタンバイ。

 

寝転びながら、読みたかった部分だけ本を読んだ後、

いつの間にかトロトロと一時間ほど昼寝。

気がついたら、時間が経っていたという感じでした。

 

結果は、悪くなかったです。

むしろ、意外なほど「不快な暑さを感じなかった」。

 

暑いけど、落ち着いた気持ちでいられていたというか。

「ホットヨガ」には行ったことがないけど、

きっとこんな感じなんだろうなと思った。

身体のワークショップなどに行って、「肚から動いた」後みたいな感じ。

 

岩盤浴みたいに、気持ちよく汗をかきました。

 

そして、ヘンプの気持ち良さを再認識しました。

特に、衣類として身につけていると、本当にパワフルだなーって。

身につけた瞬間、心身ともに、スッとリラックスできたのを感じました。

とにかく、「気持ちいい」!

いつもは、大事に大事に、外出する時にばかり着ているのですが、

これは、日常でこそ着たいものだなー!と実感。

 

また、ヒモが「いい仕事してくれてる感じ」も、すごくしました。

足ヒモを巻いていると、なんか血液が動く感じがはっきりとわかるというか、

足が「わじわじ」する感じ。

あえて身体を意識的に動かそうとしなくても、

ヒモの存在を身体が感じることで、血液が動いている。

 

身体の中にちゃんと「流れている」状態があれば、

血液が熱を運び、流れながら発散できるから

熱が一箇所に集中することもなく、

全身の感覚も程よく活性化して、

暑い空気の中にいても、気持ちよく過ごすことができるのでしょう。

 

ああ、やっぱり身体ってすごいな…

 

と、感動とともに再確認できた午後でした😊

 

★★★ 注!! ★★★

この記事は、自己責任においてやっている、個人的な実験です。

村田は「野生」の状態に近づくべく??、

自発的にここ数年セルフケアを行ない、日々体調を意識して暮らしています。

普通の方は、熱中症など、体調を崩される可能性もありますので、

真似しないでくださいね(^◇^;)

 

昼寝の後、ベランダにモロカンラグを敷き、少し冷めてきた夕方の空気を味わいながら、バランスボードに裸足でプチ瞑想。気持ちよかったです😊

 

 

タイトルとURLをコピーしました