身体の「ほどけ方」

 

昨夜も暑かったですね💦

 

あまりの暑さに、

さすがに、しまいこんでいた扇風機を引っ張り出しました。

いつもはタイマーをかけて寝るのですが、

「暑すぎるから!」と、回しっぱなしで寝たせいか、

 

今朝起きた時は、身体がいつもの寝覚めよりこわばっていた感じ。

 

ひもブラを一度、つけてはみたけど

なんとなく居心地が悪い気がして、すぐに外してしまいました。

 

そして、「今は胸じゃない。お腹かな…」という直感、

そう、「カラダの声」に従って「へそヒモ」を巻いてみたら、

なんとなく「しっくり💕」くる感じで、ひと安心。

 

「そっか、今朝はお腹だったんだね…」ということで、

まずお腹にヒモを巻いて過ごし、

しばらくしてから、ひもブラをつけてみたら、平気になっていた。

 

ものごとには、「順番」があります。

「身体のほどけ方」も、たぶん、そう。

 

リラックスのスイッチが入ると、

「ほどけたいよう!」と声を上げ始める部分があります。

そこが「相手をしてもらって」落ち着くと、

次に目覚めてきた部分の声が聞こえてきて… って感じ。

 

順々に立ち上ってくる「声」を聞くたび、いつも、

「ここだったのか!こんな風になってたのか!」と

新鮮な驚きを感じます。

 

一見関係なさそうに見える症状でも、

一旦ほどけ始めると、

深いところで繋がりあっている様子が、だんだん見えてきます。

 

ほんと、身体には、人それぞれの歴史が刻まれている。

本当に、いろいろなパターンがある。

 

からまった糸を解きほぐすようにして

その時起こることに順番に対処していくと、

次第に、自らの流れの勢いによって、

滞っていたところが自然に押し広げられていくようになっていきます。

 

そういうのがいちばん負担が少なく、自然な感じ。

 

自分に起こる場合も、他人に起こる場合も、

その時々の「ほどけ方」から大きな気づきを得ることが、本当に多いです。

 

タイトルとURLをコピーしました