《ひもブラ日記》使い勝手や体感。「《ノーブラ》より《ひもブラ》!」

ひょんなことから、ひもブラを作り始めてもうすぐ一ヶ月。

初めて着けた時に、「これは何かいい感じ♫」がしたので、

毎日着けていました。

 

暑いし、締めつけられるのも嫌なので、

これまでは、家にいる時はノーブラで過ごしていましたが、

「《ノーブラ》より《ひもブラ》!」って感じです✨

 

ハンカチなど、吸水性のいい古布で作っているから快適だし、

替えを何枚も作ってあるから、濡れたら気軽に替えればいいし、

洗濯すれば、(元ハンカチだから)すぐ乾く!😆

 

【体感、感覚の変化などについて】

 

着け始めてすぐに感じたのが、「楽」!

でも、なぜか、気分はどこか、シャキッとしてる。

 

なんとも言えない、「解放感」。

胸全体が、「ふんわり」してきた感じ。

心なしか、お尻も上がってきた!?

前より、女性らしいラインになってきた??

 

そして、「バストの重さ」を、不思議と感じない。

目に見えて、までは行かないけれど、

感覚として「上がってきた」、「ハリが出てきた」感じ。

 

今までよくわからなかった肩甲骨周りの左右差の感覚が、

なんとなく具体的に感じられるようになってきました。

 

左側の筋肉がより弱く、感覚も鈍かったことに気づいたら、

もっと左側を感じたくなって、

自発的にエクササイズを調べて、毎日やるようになりました。

(逆を言えば、感覚がよくわからなかった時は、

「自発的に何かしよう」という気にならなかったのです!)

 

ヒモと布で胸郭全体が包まれるような構造になるので、

ヒモトレ効果で、胸、脇、腕の付け根、肩甲骨周り、背中… などなど

胸周りの筋肉が自然に緩んできて、

胸をちゃんと載せたり、脇から支えたりするような

「本来の働き」を取り戻してきたということかもしれません。

 

締めつける下着によっていつも固定されて、

腕や脇や背中から「分断」されていた胸の筋肉が、

ひもブラをまとうことで周りの部分と再びつながり、

活き活きと連動できるようになってきたのかも。

 

「あるがまま」な感覚ってこういうことだったのかな!?

って、ふと思うことが多くなりました。

今まで、あまり意識したことのなかったような、新鮮な感覚です。

長い間、無意識にずっと固めていたのでしょう。

ほぐれてくると、こういう気づきが自然に起こります。

 

胸周りは、歪んだり、固まったりしやすいところ。

いろいろな方向からの、いろいろな種類のストレスが交差して、蓄積されやすい場所なので、

なかなか一筋縄では緩まない部分です。

 

でも、「支えられている」という無意識の安心感が得られると、

必要以上に押したり揉んだりなどの刺激を与えなくても、

身体は、芯から自然に緩み始めることができます。

 

胸は、一人で頑張っているような時には特に、

「支えられたい」「包まれたい」部分なのに、

実際は、自分でも、他人でも、

ちょっと手を添えにくいようなタイプの場所だったりします。

 

そんな場所に、「下着」としていつも寄り添って支えていてくれる存在…

 

ひもブラは、そんな「安心感を与えることができる存在」かもしれないな、

という気がしています。

 

タイトルとURLをコピーしました