ヘナのクーリング効果

今日も「危険な暑さ」でしたね〜💦

 

動けない時には、無理に動かないで、

できることをすればいいではないか!💡と、

 

暑過ぎてこのところ後回しになっていた「白髪染め」のフルコースをしました。

 

まず「ヘナ」(インドハーブ)で下染め。

 

ヘナだけだと、オレンジになりすぎるので、

一度流してからまたインディゴで重ね染め。

結構、黒っぽくなります。

 

二度染めはちょっと面倒ですが、一ヶ月に一度くらいちゃんと染めておくと、

発色と持ちがよくなります。

 

ヘナって、「身体を涼しくする効果」もあるんですよ✨

 

インドなどの暑い地域では、

身体が熱くなり過ぎないように、クーリングするハーブとして、

ヘナが昔から使われてきました。

肌に塗ると、毛細血管が開くという効果があるので、

身体の中の余分な熱を逃がしてくれ、デトックス効果も。

 

ヘナを頭にすると、頭をクーリングしてくれます。

そして、手足に塗ると、身体も涼しく。

 

ヘナを古くから利用してきた暑い地域の国々では、

昔は、火照った肌を冷やすために手足にヘナのペーストを塗っていたそうです。

その後だんだんと装飾の意味が強くなり、

ヘナで身体に模様を描いて装飾する「メヘンディアート」(ヘナタトゥー)となりました。

 

涼を取りながらオシャレできるという、素晴らしい伝統ですね😊

 

数年前に一度、メヘンディアート のワークショップに参加してやり方を習い、

見よう見まねで自分の手足に「ヘナタトゥー」を施してみたことがありました🌺

 

一度描き始めると、面白くて止まらなくて😆

不器用さ全開で、線も太くなってしまうし

なんとなくドンくさい出来になってしまいましたが、

自分の身体にいろんな模様を描いてみるって、本当に楽しかったです😊

 

ヘナタトゥーしてみたのは6月で、暑くなってきた頃だったのですが、

描いている最中も、絵が消えてしまうまでの二週間くらいの間も、

なんとなく手足に清涼感があったような気がします✨

ここ数日の猛暑では、気温が体温よりも高くなるような日が続いて、

身体に余分な熱がたまりがち。

身体の調節機能がイカれて熱を発散できなくなってしまうと、「熱中症」に!

 

インドにはまだ行ったことがないのですが、

最近の日本の気候は、もしかしてすでに、

インド並みになってしまっているのではないか!?と思うほどです。

 

クーリング&リラックス効果のあるヘナを、

セルフケアに取り入れてみるのも良さそうですね😊

タイトルとURLをコピーしました