青い髪&カレーパーティーの頃

何にも持たずに、引っ越したばかりの頃。押入れに、全ての荷物。しばらくの間、ダンボール箱をテーブルにしてました😊

 

昔のものが入っている箱をゴソゴソやっていたら、こんな写真が出てきました!

 

1996年の夏。

28歳になるかならないか、くらいの頃の私。

 

フランスつながりの友人たちと、引っ越し祝いのカレーパーティー💕🍛を

やった時の一枚。

 

この時は本当に何も持ってなくて、

ダンボールに友人の持ってきてくれた布をかけてテーブルを作って、

食器とかも、全部持ち寄り(だったのかな?)。

 

なんで「カレーパーティー」だったのか、

調理器具もほとんどない台所で、どうして美味しいカレーが作れたのか、

遠い昔すぎて、ちょっと思い出せないんですが、

 

なぜかみんなすごくハイテンションで、

(素肌に布を巻いて肩を出して、インド人のコスプレしている子もいたり)

やたらに、すごーく楽しくて、

みんな、とっても満足して帰っていった感じの余韻は、今でもはっきりと思い出せます😊

 

フランスから帰国した時は全くの金欠で、

すぐには、住む部屋が借りられませんでした。

なので、当時アシスタントをしていた方のご厚意で、

しばらくの間、その方の事務所に寝泊まりさせていただいてました。

 

半年くらいして、6月の終わりか、7月に入ってからか?

なんとか部屋を借りることができて

ダンボール箱4つくらいの荷物だけで、引っ越してきました。

 

家具は一切持っていなかったけど、

友人知人への引っ越しハガキに「何にもないので、いらないものあったら、下さい!」って書いたら、

瞬く間にテレビをはじめ、テーブルや食器やいろんなものが集まってきて、

本当に有り難かったです✨

 

写真を見て、「あれ?変な髪の色!!」って思った方は多いかもしれませんね。

 

そうです。

この少し前、ブルー…真っ青な髪にしていました。

 

当時のボス(女性)がちょっとぶっ飛んでるところのある人で、

突然思いついて、

「都ちゃん、きっと青い髪、似合うわよ。

そうだ!知り合いの美容師の人に電話してあげるから、

今から青く染めていらっしゃい!」と。

 

当時は私もかなり好奇心旺盛な方だったので、

面白がって、頭を青くしてもらいに行ってしまったのでした。

(もともと「パンクス」ってわけでもなかったんですけどね。)

 

染めてすぐの時は、もっともっと綺麗なブルーで、

なんか「宇宙人」というか、鏡を覗くと何とも不思議な感じがして、

結構自分でも気に入っていました😊

 

次第に色が抜け、髪が伸びてきて、しばらくはこんな感じでしたが、

祖父の初盆なのに、いくらなんでもこれはヤバイだろう、ということで、

このひと月後には、法事の前に、普通の髪色に戻しました。

 

今思えば、お手伝いしていた写真ギャラリーのオープニングセレモニー(5月)に合わせて青くして、

8月のお盆には普通の色に戻しているわけだから、

青かったのは、2ヶ月ちょっと。

意外と短い期間だったんだ。

 

単に髪の色が変わっただけ、なんですが、

その間の、世界(世間)?における自分の「存在感」というか、「周囲からの認識のされ方」は、

すごーくビビッドに変化したような感覚があって、

とても刺激的な2ヶ月間だった気がします。

 

その時の、異邦人になったような感覚ー、

どんな感じがしていたのか、については、

気が向いた時に、あらためて書いてみようと思います😊

タイトルとURLをコピーしました