春はデトックスの季節

スライドショーには JavaScript が必要です。

写真は、先日の麻糸博覧会でお会いした画家の 福井 安紀 (Sadanori Fukui)さんから購入した「野に立つ」の陶片。

「あ、これは素焼きの陶片だ…」ということでふと思いつき、
ユーカリのエッセンシャルオイルを垂らして、作業机に置いてみました。花粉症の時季ですし。
こういう活かし方だってアリですよね

花粉症といえば…、

毛染めにヘナを使い始めたり、ボディワーカーになってセルフケア的に身体を動かすようになって、10年ちょっと。

身体の巡りが前より良くなり、デトックスしやすい身体になってきたせいか、
ここ数年は、春先のアレルギー性鼻炎がほとんど気にならないくらいになっていたのですが、

今年の春はなんだか手強いです。
でも、今までの症状とは何かが違う気もしています。

クシャミ鼻水というよりは、夜寝る時になると鼻の奥が膨れてきます。空気が吸えないくらいに。
呼吸が思うようにできなくてうっすら生命の危機を感じる…なんてことは、ずっと鼻は弱かったけど、意外と今年が初めてかも。

そんなことを感じながら、どうしたらこの状態が打破できるんだろう…って、脇を伸ばしてみるとか、頭頂部に手をかざしてみるとか、寝床の中でモゾモゾと、夢うつつで色々試してみています。

ここ数年、薬を飲むことがほとんどなくなってきて、不調の時も自分の身体の中で起こっていることを感じ続けてきました。

そういう時間の中で培われた、自分の身体に対する直感?からすると、
今春の症状は、免疫反応というよりも、
「地殻変動レベルのデトックス」なのかもしれないなー、なんて気がしています。

さあ、どうなっていきますか!楽しみ。
引き続き、見守りたいと思います。