やったー!!😆🎉✨

ついに、大好きな「ヘンプ」で、ひもブラを作りました💓!!

 

(真ん中に置いた「七芒星」は、ヘンプ糸で編んだモチーフ。

この春出かけた「麻糸博覧会」というイベントでワークショップをされていた

「編み物達人」いいりんさんにいただいたものです✨)

 

憧れの、気持ちいいヘンプ布!

一般的な流通量が少なく、お値段が高めなので、

いつもはなかなか気軽に買えません…

 

が、タイミングよくASAFUKUのサイトで

セールが開催されていたので、

この機会に、使い込みすぎて最近穴が開き始めたシーツと手ぬぐいを、

思い切って新調することにしました!

 

そんなわけで、3年ほど使い込んだ手ぬぐいを、ひもブラに💕

とてもかわいくできて、満足です😊

 

手ぬぐいの形そのままだと高さが浅くなってしまうので、

バンダナサイズになるように、布をカットして縫い合わせました。

縫い目が片側に来るようにして。

 

しかし、この状態に至るまでには、

ひもに関して、ちょっとした試行錯誤がありました。

 

昨夜作った、第一号。

ひもは、ヘンプの「Tシャツヤーン」(ヘンプ55%、コットン45%)を

単独で使って編みました。

これも真っ白で、とってもかわいかったんですけどねえ…

ひもの強度が、弱すぎたんです。

 

ヘンプのTシャツヤーンは幅24mmなので、そのまま編むと太っとくなってしまう。

なので、半分、3分の1、4分の1、の幅に切って試してみました。

4分の1幅が、見た目的にはいちばん良かったのですが、

つけてみたら、引っ張っただけで、ブチブチ「切れる」という現象が😭

 

では3分の1か?(半分だと太すぎ)と試してみたら、

やっぱり切れる…

(しかも、ちょっと引っ張るとすぐ伸びてしまい、強度が弱くなる)

 

百均のTシャツヤーン(アクリル)に比べると、

やはり素材的に、デリケートみたい。

ニット素材だったし、ハサミを入れたりすると、より弱く脆くなりやすい。

 

なので、コットン糸と合わせて編んでみることにしました。

 

合わせて編むことで、丈夫さが増しました!

 

また、Tシャツヤーン単独だと伸縮性があり過ぎて、

結んだ時のフィット感の調節がしにくかったのが、

合わせて編むと、コットン糸が芯になって、ちょうどいい感じに。

 

ヒモトレで使うヒモでも、「伸び過ぎない」っていうのは大事な要素ですが、

やっぱりそうだよなーって、実感!

 

ヘンプの糸やヒモってあまりないし、

あってもひもブラ的に使うにはすごく高価。

Tシャツヤーンは、イベントで見かけて一度使ってみたかったので、

今回いろいろ試せて満足です。

ブチっと切れた時はショックだったけど、

「こういうものか!」ってよくわかりました😊

特性を生かして、また何かに使ってみようと思います。

 

あ、ヘンプのひもブラは、早速試着中💕

使い込まれたヘンプの柔らかさ、吸水性、吸湿性、保温性✨

 

放電性も高いとのことで、

体に溜まった静電気⚡️や電磁波📶を抜いてくれるらしいし、

エネルギーの流れも健やかになる気がして、

 

とても快適です〜!!😆🌈✨🌿