「欲しがっているばかりだと、

相手が差し出してくれているものに気づけないよ」 …

 

4年くらい前、「全身の筋肉が、隈なく、連動して働く」感覚を知り始めた頃に

見た夢の中で、受け取った言葉。

 

 

あまり夢をはっきり覚えている方ではなかったのですが、

この言葉はなぜか強く胸に残り、ことあるごとに思い出します。

 

 

この「節制」のカードに描かれている、「男」でもあり「女」でもある「天使」は、

「見える人にしか見えない」ものらしい。

 

「妖精」や「おばけ」なんかもね😊

 

「見える」って、どんなことなんだろう。

たまたま、お互いがその時発している周波数をキャッチできる、っていうだけのことなのかもしれません。

 

 

たとえそれが、風船に手紙をつけて飛ばすような、

ビンに手紙を詰めて海に流すような、

側からみたら何とも頼りない方法に見えても、

 

そういうものを受け取りたいと思っている「誰か」に見つけてもらえるように、

 

私は私なりに模索しながら、

自分が表現したいもの、他者とシェアできるものについて、

「発信し続けて行きたい」と思いました。

 

「星」が、独りで光を発し続けるように。