「愚者」や「大道芸人」が出ると、

「ああ、また新しいサイクルが始められたんだな!」と思って、

何だかホッとした気分になります。

 

今朝は、机の上に広げられた、ポーチの中身に目が行きました。

いろんな形の細々した可愛いものがいろいろ。

これを使って、何を始めようとしているんだろう💕

 

「さあ、お立ち会い!」っていう声が聞こえたような気がしました😆

 

サイキックマッサージ をすると、する方である自分のエネルギーも動くというか、

セッション後にも自分の中にいろんな変化が起こるのを感じます。

 

昨日もセッションをして、一夜明けて起きた時、ふと

「私の女性性は、自分の男性性をちゃんと信頼していなかったな」と思いました。

 

動物のように生きのいい小さな女の子が怪我をしないように、と優しい男性性が築いてくれる「枠」を、

「自分を閉じ込めるものだ」と勘違いして、いつも乗り越えて逃げ出そう、としていたのかもしれません。

 

でも、その「枠」を信頼して、

いつも見守っていてくれる男性性に感謝しながらその中でのびのび遊べば、

もっと美しくエネルギーが使える、ということになるのかもしれないな、と思いました。

 

症例セッションも回数を重ねてきましたが、

サイキックマッサージ 、するのも受けるのも、面白いです。

 

その時その時の自分のエネルギーのポートレートが残っていく感じというか、

その時間を誰かと共に過ごした余韻の記憶が、

自分と相手の中に残っていく感覚というか。

 

回数を重ねるごとに、その時の自分の姿の記録(ポートレート)が一枚ずつ増えていき、

あとでアルバムをめくるように楽しめたりする感じ…があるな!って、

最近わかってきました。

 

「つながり」を確認し続けようとしなくても存在をすでに認められている、

というような「心強さ」を得られます。

 

これも、「グラウンディング」に繋がりますよね

 

今日の世界は一段と美しく見えます😊