「身体の声」を聴く

五月の、嵐の朝に思ったこと。

 

私の強みは、

あなたの「身体の声」が聴けること。

 

聴くだけじゃなくて、

タッチでそれに応答することができます。

 

あなたが発するひとつひとつの言葉のうしろには、

幾多の状況が広がっていることを知っています。

 

言葉にするのが難しければ、

過剰な説明はいりません。

 

ぜひ、一度私に身体を委ねて、

ゆっくりくつろいでみてください。